現在の閲覧者数: 内転筋使ってますか - ☆☆の横好きDancer 思ったこと、感じたこと、学んだこと♪
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内転筋使ってますか

2009年12月13日 23:02

内転筋って結構大事ですよね。

例えば、バレエで5番にするとき、
内側に引き寄せるのは内転筋の働き。

大人のバレエ組で多いのが、内転筋を使わず、
5番ススーとかでも大腿の外側の筋肉を使って締めてくるケース。
このような使い方をしていると、
レッスンをすればするだけ太ももが太くなってきます。
また、安定した5番や中心にまとめる感覚は得れないように思います。

昨日のレッスンでは、内転筋を感じるエクササイズを始めにやってくれました。
それによっていつもより軸が感じられるようになりました。

内転筋は、アラセゴンにしてルルベにする時など、特に重要です。
昨日は90度のアラセゴンでも、脚の重みをあまり感じずキープできました。

セラバンドを上手く使うと、内転筋鍛えるエクササイズが出来そうです。
しばらく続けてやってみよ~

そうそう、で、昨日のレッスンで気付いたのですが、
最近、右軸の時のアラセゴンが正しい位置に出せてなかったわ~

私の場合、もともと右軸のアラセゴンと左軸のアラセゴンでは、
出す位置に左右差あるんですよね。
これは股関節の稼動域のせいもあるだろうし、
アラセゴンに出した脚を支える軸足~腹筋の筋力に左右差があり、
キープできる範囲に差があるためなんですよね。

ここで、もう一度おさらいですが、
自分のアラセゴンの位置を正しく認識してますか?
プロのバレリーナのイメージが変に残っていて、
両腕を横に出すのと同様の位置に、自分のアラセゴンの脚が出せると思ってませんか?

まず、大人のバレエ初心者の方へ。
両脚左右開脚で、骨盤をまっすぐ立てて、膝は天井に向けたままで開く位置が
自分のアラセゴンです。
アラセゴンをするとき、その位置を目指して脚を上げていますか?

大人のバレエ経験者の方たちは、次の方法で確認して下さい。
床に仰向けに寝て、両腕はアンオーで両脚は1番ポジションにして、
片足を両膝を伸ばしたまま前90度にあげます。
上げた片足を90度をキープしたままアラセゴンに開いていきます。
骨盤はまっすぐのままでどこまで開くことができますか?
脚のひらいて行く方へ骨盤が倒れるぎりぎりの位置が自分のアラセゴンです。
左右で差はありませんか?

右軸のアラセゴンを左軸のアラセゴンのように開かないのに、
最近の私は、同じ位置までもって行こうと
縫工筋を使って無理をしていたようです。
そのため、アラセゴンターンでは右軸の方で上手く回れてませんでした。
昨日のレッスンでは、右軸のアラセゴンを正しく上げる事に注意したら、
ターンが上手くできました。

また、この正しく使えていないせいで左の太ももの縫工筋が固くなってました。
これが腰の突っ張りの原因にもなっていたようです。
左右縫工筋で張りも違ったし。。。

今日の治療では縫工筋と内転筋をほぐしてもらいました。
また、久々に以前の故障箇所の左足首もほぐしてもらいました。
すごく痛かった~
足底筋のつっぱりもかなりのものでした(汗)

左はもともと外反母趾ぎみなのですが、
先生から左脚の親指が若干ねじれていて、このため余計な負荷がかかているかもと
指摘されました。

以前は外反母趾をテーピングで矯正して5指で安定して床を踏めるようにしていましたが、
また再開したほうがよさそうです。

最近、腕の使い方の誤りを正したから、肩甲骨や背中の疲れはましです。
脚の治療に集中できそうです!


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。