現在の閲覧者数: これってそういうもの? - ☆☆の横好きDancer 思ったこと、感じたこと、学んだこと♪
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これってそういうもの?

2009年08月14日 17:58

お盆休み中の方も多いかと思いますが、
いかがお過ごしでしょうか?

今週はいつものレッスンがお休みのため、
いつものレッスンから曜日を変えて、
初めてのクラスに行ってきました。
ま、すでに数回レッスンを受けた先生ですが。。。

今日のクラスは初中級クラスでした。
固定でこられている生徒さんのお邪魔をしないように、
気を使って受けてきました~

初級クラスを受けるのって、
丁寧に自分の基本を振り返ることができるので、
結構好きなんですが、
今日のクラスは、先生のすすめ方に今イチ慣れていないせいもあり、
なんかすっきりしないレッスンでした。

で、1つ気づいたことがあるのです。
私の中では、当然のこと。
たぶん、私のバレエ仲間も同じだと思う。
でも、この考えはスタンダードではないのかもしれません。

初級クラスの生徒さんって、
フロアのときの位置取りって悪いですよね。
バレエに慣れてないし、仕方ないと思います。
私もそんな時期が長かったし~
責める気持ちは、これっぽちもありませんよぉ。

例えば、4人1グループで踊るとしますよね。
まず、踊りが小さいため、間隔を十分とってくれない。
1列目の人が、後ろにさがり過ぎで、
2列目の人のスペースがない事があり、
先生はいちいち「前の人、もう少し前にいって~」とか指示される。

次にありがちが、進んで行く方向が定まらず、
また周囲の動きを察することができないため、後から来る人の進路を塞ぐ。

繰り返しますが、
上記の状況は、初心者や初級レベルの生徒さんではごく当たり前のことで、
これらの事は、経験をつむと上達するところだと十分わかってます。

で、本題はここから。
中級レベルの生徒が、初級クラスに参加し、
上記の状況の場合は、中級レベルの生徒が位置取りを変えたり、
自分の踊りを妨害されそうになったら、
踊りの途中で進行方向をとっさに変更したりして
対応すべきだと思っていました。

私の先生は特にそういうことを重視して指導されます。
舞台の本番で、他人のにアクシデントが起こっても、
自分の踊りを妨害されたりしないように、とっさに判断し、
複数人数のパフォーマンスが、
1人のアクシデントで台無しになってしまわないよう
対応できることも技術であるって言われます。

そのためには、日々のレッスンで、
他人の踊りがどのような動きをするのか注意を払う必要もある。
今日の状況でいうと、
一緒に踊る他の生徒さんのせいで、自分が十分踊れるスペースがないなら、
そのスペースが確保できる位置に行けばいいってこと。
これには、別の意味もあって、レッスンには貪欲になれってこと。
十分なスペースがなく、のびのび踊れないなら、
そのレッスンは無駄にしたことになる。実にもったいない!!

今日、フロアのグランアレグロの時、
1回目で他の生徒さんが私の動きの妨げる位置に来たために、
2回目のプレパレーションの時、
妨げを受けない位置に行けるよう場所取りをしました。
そのとき、先生からもとの位置に戻るように注意をうけました。

これって、こういうことですよね。
4人で踊る時、ま、わかりやすくいうと、
前の2人の間に、後ろの2人が入る菱形の形をとります。
振り付けでよくあるフォーメーションです。
このフォーメーションを壊すことの方が絶対的にタブーで、
十分にのびのび練習するってことは、2の次なんですよね。

多分、この先生は、
グランアレグロの1連の動きを、すでに1つの振りだととらえており、
フォーメーション絶対守るべきだというお考えだと思います。

で、だんだん思い出してきましたが、自分も初心者の時、
そのフォーメンションをきっちり守る事に必死になっていて、
全然のびのび踊れませんでした。
当然、舞台でも位置取りばかり気をとられ、踊りになってなかった。

前の先生の教え方がそうだったんだ。
今日の先生と同じ。これって、ワガノワ式?
それとも、日本のバレエ教室共通??

今の先生に変わって、
まずダンスを楽しむのが大事だと教わった。
先生曰く、日本人はまじめすぎ。
決められた事を、規則的に守ろうとする。
それはいい事だけど、それによって踊りがこじんまりしてしまうなら
それは、ダンス本来の姿ではない。
脚をあげようとして姿勢が崩れるとき、
姿勢を守るために脚をあげないようにするのは間違っている。
脚の高さをキープして姿勢を崩れないようにする方法を探すようにすべきだと。

レッスンの場は、舞台本番じゃないのですよ。
どこまですれば、バランスが崩れてしまうのかなど、
自分の現在のレベルを知る時間。
だから、常に最大限大きく動くべき。
そうでないと、自分の今の限界レベルを把握できません。
小さく踊ってて、バランスがとれていたって、
観客としてそんなダンス観てても、面白くないと思いませんか?

とにかく、今日の教訓。
初級クラスに参加するのは、先生にとやかく言われない
オープンクラスにすべき!!


関連記事


コメント

  1. raoul | URL | -

    Re: タイトルなし

    ◇◇YOMOGIさん

    こんばんわ~
    こちらこそ、ご無沙汰してましたぁ。

    > 最近は余り言われなくなりましたが、
    > バレエのセンターの時、『そんな四畳半サイズで踊んないで~!』と、先生に言われます。
    > 最低限、安全確保はマナーですが、
    > 大きく踊ってほしいという狙いを私の先生には感じます。

    私のメインに習っている方の先生も同じです。
    常に大きく踊るようにいわれます。

    > ジャズダンスは、完璧に『大きく踊る』優先です。
    > コンビネーションはそれほど移動がないのもありますが、
    > 大きく踊って今の自分を知りなさい、と言われます。

    私の先生と同じですね。
    多分、私の先生もジャズやコンテの経験があるから、
    このように指導されるのだと思います。

    > 事情が許せば、フォーメーションより、まず踊りありきと私も思います。

    ね、ね!そうですよね~!
    狭いお稽古場だとなかなか踊れないのですから、
    広いスペースがあれば、最大限スペースを使って踊りたいものです。

    この先生のお教室、秋に発表会があるようです。
    そのときの生徒さんの踊りみるの、ある意味楽しみです~

  2. YOMOGI-ACL | URL | -

    raoulさん、こんばんは。
    お久しぶりです~。

    最近は余り言われなくなりましたが、
    バレエのセンターの時、『そんな四畳半サイズで踊んないで~!』と、先生に言われます。
    最低限、安全確保はマナーですが、
    大きく踊ってほしいという狙いを私の先生には感じます。

    ジャズダンスは、完璧に『大きく踊る』優先です。
    コンビネーションはそれほど移動がないのもありますが、
    大きく踊って今の自分を知りなさい、と言われます。
    事情が許せば、フォーメーションより、まず踊りありきと私も思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。