現在の閲覧者数: Archives[ 2012年06月 ] - ☆☆の横好きDancer 思ったこと、感じたこと、学んだこと♪
FC2ブログ

鍵のかかった部屋 10話

2012年06月25日 00:11

またまた感想が放送日のぎりぎりになってしまった。

10話と最終回の11話は前後編となりました。
『硝子のハンマー』の感想です。

そもそも原作の防犯探偵榎本径シリーズは、
『硝子のハンマー』から始まりました。
このストーリーはかなりの長編であり、エピソードも満載だから、
これだけで充分映画1本分になりうるものだと思うのです。
なんか、色々削ぎ落してドラマにしてしまうのは
非常にもったいないようにも思います。

サトシックさんたちのブログを見ましたが、
原作をまだ読まれてない方意外と多く、少しビックリ!
また、周辺の知人と鍵部屋話をしてみると
玉木さんがやっているビルの窓拭きさんが犯人?って...
「今更ソコ??」って思うことを聞かれたりします(^_^;)

原作とドラマって全然設定が違ってますよね。
ドラマでの榎本さんを、
セキュリティー会社に勤務する鍵オタクって設定にした瞬間から
10話の榎本の過去エピソードは決まっていたのではないでしょうか。

さて、あまりにも原作追いするとネタバレし過ぎるので、
いつもの通り、わたしの気になるポイントを…

いつものオープニングの3人での前振り(?)はなかったですね。

原作では、秘書さんは3名でそれぞれの背景説明がありましたが、
それもすっ飛ばし、まず、銃弾が撃ち込まれたところから話は始まる。
顧問弁護士の芹沢さんがセキュリティアドバイザーとして榎本さんを推薦する。
そして、榎本さん登場。

原作では殺人事件後に純子さんに要請されて榎本さん登場だったため、
警察からの妨害もあり、なかなか現場を調べることはできませんが、
今回はあっさりセキュリティについては調査終了。
そして皆さんの前で、またまた一気に説明の長セリフ!
思えば1話の長セリフを最初に聞いた時、本当にビックリしたわ~
「こんなの余裕です」って、ドヤ顔の径さん。
超カッコイイ(^∇^)

ここでの見所は、社長と対面したときですね。
何となく何かあったって?感じるこの智くんの演技…
原作にないところなので、
これがどこに繋がるのかって私もどきどき…

オープニングのヒントは、径さんが扉から出てこない!
しかも容疑者としての写真。で、玉木さんの眼…

純子ちゃんと接見した時の専務役の方の演技良かった~
う~ん、このドラマはいい役者さんがでてるなぁ。

原作では、介護サル、ロボットと疑わしい物への調査を
順次進めて行きます。
ここは結構長くなるところだったけど、芹沢さんのセリフを使ったり、
純子ちゃんを榎本さんがとこに聞きにいかせるという演出で
うまくまとまっていましたね。

そして最終話でまたまた模型が出現。作ってるよ、榎本さんが!

ロボットが被介護者を持ち上げるシーン。
あの持ち方だと、被介護者は首を痛めるよ!
おっと、医療職だからついつい気になってしまいました~

芹沢さんのお使いで、二回目に純子ちゃんが榎本さんとこに行った時、
模型の作成が少し進んでる(^^) こんな細かい演出が好き!

駐車場で芹沢さんと純子ちゃんの会話をきいてるスニーカーの男。
このスニーカーを所々でみせる演出もありがちですが必要ですな。

すごく大きい模型!榎本ちゃんってば、これどうやって運ぶん?

純子ちゃんが側にきた時の榎本さんの目線がいい。
慌て立つ前の表情が何とも言えない(*^_^*)
絶対意識してるよ、径ちゃん。そして、純子ちゃん鈍感すぎ~

そして、
「行きましょう」「どこへ?」
「行きましょう」「どこへ?」
「行きましょう」「どこへ?」
...「閉めないでください!」...ぷぷぷっ!もう~最高!!
脚本&演出がいい~

模型を社長室に運んで狙撃事件を説明。
芹沢さんのツッコミがいい!

結局、社長がなぜ殺されることになったのか、
5年前の1件もちゃんと伏線になっているんですよね。

原作にある狙撃について隣ビルとかを調べるシーンを
私は盛り込んで欲しかったな。
華麗な身のこなしの榎本さんが見れたのになぁ(-。-;

そして、鴻本さん登場。
社長との面識があったこと、5年前のエピソードが暴露されます。
ここ、切ないよね~ FDの歌詞ともかぶったので、よけいだわ(。-_-。)

そして、玉木さんがリフトであがってくる。
なんとも含みがある表情…これがまた、うまい!!

ああ、いよいよ日付が変わりました。
今日は最終回です。

絶対リアタイします!テレビの前で正座してみます(#^.^#)
玉木さんとの対決も楽しみです。
そして、最後は寂しくって泣いてしまうかも…

あ、純子ちゃんとの恋の行方は??
スポンサーサイト



鍵のかかった部屋 9話

2012年06月18日 00:59

いよいよ最終エピソード『硝子のハンマー』の当日です。
その前に9話をやっとエントリーします。

さて、私的に気になったポイントです。

最初は、純子ちゃんと芹沢さんが二人でランチ。
このシーンで、芹沢さんの台詞、
「どんなに遅く寝ても朝は5時に起きる...」
純子ちゃんの「5時?!」って絶句したあとに
「年寄りだからじゃないよ!」っていうのがいい。
前回のモスキート音からも、芹沢さんって若くいたい人なのね(^^)

前回、事件現場の隣の住民から防犯カメラ設置を依頼された時、
担当者を手配しますと言ってたのに、今回は榎本さんが設置してる。
という事は、あやしげなクライアントからの仕事は押し付けられている?
えのもっちゃんの職場での立ち位置が何となくわかりますねd(^_^o)

作業中にみさちゃんが扉をあける。
このシーンのBGMは私のお気に入り『Ping Pong Beep』です~

みさちゃんとパパをみて、
『メイちゃんの執事』の大門さんとみるくちゃんを思い出したわ(*^o^*)

鍵を開けるシーンの手のアップ、いいですよね~
綺麗な手だわ、何度見ても…

オープニングヒントは、
『眉間を撃たれた人』『C2H5OH』『拳銃と水鉄砲』。

「昔って?」って何度も聞く純子ちゃん、
そして、絶対答えない坂口さんがいい!
2回目の時、空いた口を顎を下から押し上げて閉じる純子ちゃん。
いいな~この細かい演技!

径さん、ますますおしゃれになってません?
ほんと、智ラジで智くんがいってたように、
榎本さんの日常が気になります。ぜひスピンオフ希望!!

芹沢さんに報告する純子ちゃん。
芹沢さん、いいヒント出したなぁ。
チームワークよくなってきてるなチーム榎本(^_-)

しかし、日本酒の味がわかる径ちゃんには意外だったな~
そんなキャラ設定だったのね。

いきなり、榎本部屋に入ってくる翔さん。
ほんま、このセキュリティ会社大丈夫?
脅しに対抗する芹沢さんってば格好イイ~
でもその後の膝ガクガク...浩市さん上手いなぁ(^^)

そして、いよいよ対決。
しかしながら、翔さんはこういう役上手いよね~
銃の扱いもホンマもん(?)って感じ!

銃を向けられても動じない榎本さん。
やはりタダモノではない!

社長、「俺たちには証拠なんていらないんだよ」って、
くぅ~カッコイイ!!

そして、ラストの逆プロポーズ(*^_^*)
みさちゃんから差し出された手をおずおずと握る。
そして、引っ張られながら走ってブランコへ...
このシーン、ほんと智くんってばいい演技するな~
激リピしましたわ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

予告が気になって仕方ありませんでした。
いよいよ今夜は10話。
最終回まであと僅かで寂しいですが、しっかり見届けたいと思います!



How's it going? SUMMER CONCERT 2003

2012年06月17日 14:30

大人買いパワーを発揮し、2011年秋より2012年1月までに
コンサートDVDはほぼ購入しました。
新しいものから古いものに逆行しての購入でしたが...

『How's it going? SUMMER CONCERT 2003』
さいたまスーパーアリナでの公演が収録されています。

再生スタート!
OVERTURE…いきなり大野くんのアップです

…今年は一番今まで踊るんじゃないですかね。
だから気合です!ワタクシはくじけません!怪我もしません!約束します!

そして、ニノ。

まぁ、みんなの足をひっぱらないように、
そこを心がけてやる感じですね…
楽しんでもらうためにも何かしら
要所要所揃ってないといけない部分ってのがヤッパリあって、
自分だけ出が遅れたりだとか、自分だけ振りを間違えたりとか
そんなこと言ってて盛り上がって行こうだなんて言ってる暇ないんで、
とりあえずみんなと合わせる、
同等もしくはそれ以上に見えるよう頑張るという感じです…

というような、コメントから始まります。
デビュー4年目、いわゆる嵐の低迷期時代のこのコンサート。
しっかりしたものを作っていきたいという意気込みが、
この大宮の言葉から感じます。
二人とも若いけど、しっかりしてますな~
さすが、プロです!

アイドルではなく、アーティストとして

2012年06月17日 14:11

6月13日に発売されたanan、
発売前には「大野くんがついに脱いじゃう?」などの様々な憶測も飛び、
Amazonでは予約ができなくなったり、
書店で予約しないと買えないよっ的な情報もあり~ので、
今さらながら、智くんの人気っぷりを実感しました o(≧▽≦)o

多くの智担様方々のブログを拝見し、
皆様の盛り上がりがとても楽しくって…

でも、その盛り上がりとは反して実感したのは、
私は智くんの才能にハマったんだなってこと。
明らかに、皆様と温度差がありました(^_^;)

ドラマ『鍵のかかった部屋』で月9主演が決まり、
ここ数ヶ月の雑誌での露出も多くなっていました。

確かに、写真で綺麗な姿や可愛い姿にも単純に「素敵~」って思います。
でも、それらの写真からは、
どうしても作られた感を受けてしまうのも正直なところ。
だって、写真は修正入ったりするわけだし…
ま、現場のショットは実像が感じられるので好きですけど~

美しくかつ格好いいダンスをする姿、伸びやかな声で歌う姿、
大野智の片鱗が全くみえず、そのキャラに成り切るすばらしい演技力。
また、絵画をはじめとした高い芸術性。
バラエティでみせる無邪気な姿や身体能力の高さ、
そして、何気なく話した言葉で爆笑させてくれる…
そんな動く大野くんにハマりました。
そう、たぶんその才能にすっかり虜になったんですよね。
単なるアイドルではなく、素晴らしいアーティスト大野智。
だから私はファンになったのですよね、きっと。

今回のananで脱がなかった智くん。
テキストからも彼の信念がうかがえ、
そんなところが彼らしくって、ますますその人柄が好きになった。

芸能界に限らず、自分の考えっていうものをしっかり持っておらず、
世間の流れに乗ってしまいがちな人が多い最近、
自分というものをしっかり持っていて、
そのあふれる才能にも謙虚でいれる智くんは、
人間としてほんとに素晴らしいですね!

そんな、アーティスト大野智の才能に目を離さず、
これからも追っかけていきたいと思ってますo(^▽^)o

仮面舞踏会、さらにスリラーのタップ

2012年06月11日 00:01

2012年6月9日放送『嵐にしやがれ』の中で、
東山さんと一緒に、
ニッキ役でセンターに智くん、カッちゃん役に相葉ちゃんで
仮面舞踏会を完コピするってのがありました。

いつものように、振付を受けて練習する時間は超短時間!

相葉ちゃんには悪いけど、ヒガシと智くんしか見なかったよ(^_^;)
ビックリするほど揃っていた。
腕の角度のみならず、手のひらの角度とか、
身体でのリズムの取り方までも…

口パクの口も、智くんはバッチリ!
ってことは、歌詞も覚えてるってことだよね~

ダンスには振付を受けるのはつきものです。
でも、振り覚えのいい人と悪い人がいるのも事実。
ま、基本的に上手い人は覚えるの早いですけどねd(^_^o)

私はバレエの先生から、
振り覚えが早くなるトレーニングも受けていましたが、
それでも、なかなか早くならない生徒もいました。

私が思うに、絵が得意な人は右脳優位な人で、
空間認識力が高く、ある場面や形を暗記するにもパーツでは覚えず、
瞬間に映像で覚えているのだと思います。

多分、振り覚えの早い人は右脳優位で、
右腕がこう、その時身体の向きはこう…とかばらばらで覚えるのではなく、
全体の形を映像で覚えているんでしょうね。

今回の振りを覚えるにあたって、
智くんは最初に当時のVTRが流れた時点で、
その箇所の振りはほぼ入っていたのではないかな。
(Jr.時代からほぼ覚えていた映像を呼び起こしたのかもしれません...)
映像としてマークできていて、
自分の踊りに置き換えることが既にできていたってこと。
で、VTRでは見えなかった細かい箇所は
ヒガシからのレクチャーで確認していったって感じ。
だから、短時間でもここまで完璧にできるのでしょう。
すごいよ!ほんとにすごい!

でもね、自分のテリトリー内のダンスであれば、
過去に踊ったことがある振りとかぶってたりして、
本当に新しく覚える振りは少なかったりする場合もある。

Jr.時代から少年隊のダンスは見たことがあっただろうし、
ヒガシのバックで踊ったことのある智くんにとって、
この仮面舞踏会はこれぐらいできて当然ですわぁ、きっと(⌒∇⌒)

それより凄いのは、2012年2月18日放送『嵐にしやがれ』で
MJのスリラーでタップダンスしたことです。

ゲストはSUMさん、パパイヤ鈴木さん、
そしてタップダンサーのHIDEBOHさんのダンサー三銃士!!

HIDEBOHさんのタップはいわゆるショータップではなく、
リズムタップです。
私もこのリズムタップをしてましたが、結構難しいのです~

この放送のラストで、MJの曲でダンスメドレーするのですが、
智くんはタップダンスでスリラーってことになりました。

練習時間は30分。
普通のダンスでもこんな短時間でこの尺の振付を受けるのは難しい。
以前、HIDEBOHさんからゲタップの振付は受けたことはあるそうですが、
タップはあまり経験がない智くん。

なのにいきなり様々な方向のシャッフルをも使いこなし、
片足ずつのボールだけで鳴らすステップもちゃんと音がする!
そして、上半身の振りも間違わずできてるよぉ(≧◇≦)
これ、初心者以上の振りですわ!凄すぎるよ、あなた~!!!

HIDEBOHさんがダンス後に言った
「この短時間に他のダンスはもちろんですけど、
タップは絶対ありえない!!」って言葉がすべて。
どんなに上手いダンサーであっても、タップは別物!ほんっと難しいんです。

実は私も一緒に踊ってみましたが、
単調なステップだけの振りではないのがよくわかります。

大野智恐るべし!そのすばらしい能力に圧巻です(^◇^*)/

そして、この回でわかったこと...
やっぱ、パパイヤ鈴木のダンスはキレがあってうまい!←結果、そこかい!?


榎本スピード

2012年06月10日 01:38

大野くんのレギュラー番組で、
『ARASHI DISCOVERY』っていうラジオがあります。
放送はFM横浜なので、
残念ながら大阪ではリアタイでは聴けません( ̄□ ̄;)

が、某有名動画サイトにて、
毎週定期的にその週(月~金)の放送分を
アップしてくださっている方がいて、
それを見つけて以来、聴くのが楽しみとなってます。

余談ですが、この智くんの放送音声って
ほんといい睡眠導入になるんです。
お陰で智くんの声に癒されながら気持ちよく寝れるのですが、
最後までまともにきき終えず寝てしまうので、
翌日もまた最初から聴き、また途中で寝るって繰り返してしまって、
全然、最後までいかない!
で、最近は土曜の朝に聴くようにしたんです(*^.^*)

今日、今年に入ってからの分を再度聴いていたのですが、
鍵部屋スタート時期と最近のを比べると、
智くんのしゃべるスピードが確実に早くなっている。
あわせて、テキパキ話す感もアップしているようにも思えるのです~

すごいね。
榎本スピードなんだよ、きっと(゚∇゚ ;)

憑依タイプの役者だとは思っていたけど、
ここまで変わるものなんですね。

ドラマ終了後、どれぐらいに元の智くんスピードに戻るのか?!
それはそれでまた楽しみです( ̄∇+ ̄)v




鍵のかかった部屋 8話

2012年06月06日 22:22

鍵部屋、もう8話。
残すところ2エピソードのみなんですね。寂しいです...

智担の皆様のブログにどんどん感想がアップされてます。
それぞれの方にいろいろなハマりポイントがあって、なんか楽しいですね。

さて、リピしながら書いてます。

最初の最初、鏡に径さんの横顔が映ってる。これは演出?

めざましTVに出演している芹沢さん、
もはや「密室」って言葉にスルーできない人になってしまったのね。

で、芹沢さんとこの事務所に呼ばれた榎本さん。
アップがすてき~
でも、榎本さんだけなぜコーヒーが出てない?
たしか原作では、榎本さんコーヒー通でしたよね。
芹沢事務所のコーヒーがまずくて飲めないって断ったとか(^▽^;)

オープニングヒントは、『止まった時計』『超音波』『シェパード』

そして、現場に向かう。
で、帰り際にまたまたしっかりクライアントゲットの榎本さん!
しっかり受け答えもできて、ちゃんと会社員としてもやってるのね。

チーム榎本会議。
階段に脚をそろえてちょこんと座る榎本さん。ほんとキャラはぶれない!

芹沢さん、妙に張り切ってる~
っていうか、今回の芹沢さんの勢いは凄い!
逆に、径ちゃんの出番が少なくって、それはそれでちと不満。
ビールのくだりは、純子ちゃんnice洞察力!

里香子さんをやっていたので、MEGUMIってはじめはわかんなかったよ。
MEGUMIってこんな顔だったっけ。普通だよね~

そして芹沢さんが差し入れしたお弁当の中身が気になる私。
なんか、小ネタにハマり過ぎですな(*^▽^*)

そして公園。
モスキート音が嫌なら早く退散すればいいのに、純子ちゃんってば。
ま、お陰で『密室はとけました!』ってなりましたが。

ここで疑問。
ソファーに座っていた状態で被害者を撲殺して
棚の横にまで運んだってこと?
血痕の位置がおかしくならない???

そして、急に芹沢さん登場。あれ?犬鳴いてないやん。
そもそもあのワンコ、本当に鍵の役目になったのかしら~

原作とは大幅に設定が変更されたこの『犬のみぞ知る』
元々、ドラマ向きではないとは思ってました。
ほぼ新しいストーリーって感じになってて、
まぁ、そこそこ楽しめましたね、芹沢さんのお陰で。

そして最大の見せ場はラストにありました!!!

めざましTVに出演している芹沢さんを榎本部屋でみる純子ちゃん。
    
  え?朝からもうここにきてるのぉ?
    
その横で、錠を前して指スリスリ考え中の径ちゃん。

「私、今回の一件で見直しちゃいました」って純子ちゃん。

径ちゃんの指スリがピタッと停止!

「普段はおとなしいけど、いざとなったらすっごく頼りになるなって」

径ちゃん顔を上げて、純子ちゃんを見つめながら「そうですか...」

「ほんとに頭いいんですね。犬って」
             ←ここの間がたまらなくツボ!
プィっとを横を向いて指スリ再開する径ちゃん。

その後は、純子ちゃんが何を聞いても
「知りません」「知りません」「知りません」って。

径ちゃんったら、すねてるん?

そして、純子ちゃんが指スリをつかんで止める!
すると口も止まった!
けど、純子ちゃんがだまって手を離すと「知りません!」って。

もう、可愛いいよぉd(*⌒▽⌒*)b
この箇所だけで何回リピったことでしょう!!

さて、次回は文庫には未収載のエピソードです。
トリックが全く解らないので実に楽しみです!

さらに、最終回には玉木宏さんがゲストだとか。
これもますます楽しみですね~

ラストに向けて、盛り上がっていきたいと思いますっ!


Your Eyes のPV

2012年06月05日 23:46

明日発売の嵐の新曲『Your Eyes』がフラゲできました~

初回限定版のPVにはメイキングはなく寂しいですが、
映像がとてもきれいだし、雰囲気がよかったです!
お気に入りは緑の木々がバックになるとこと、
逆光のシルエットの美しさ。特に、智くんの手がきれぇ~

この曲では嵐さんたちのハモリも聴けて、さらに満足~
智くん、相葉ちゃんコンビの歌って珍しい?
んで、ニノちゃん、下ラインの歌がよいのだわっ!
後半で組み合わせが代わるのね!Mステでは気付かんかった。

1ヶ月前発売の『Face Down』も楽曲がカッコ良くってむっちゃ好きですが、
発売前にめざましTVでPVが長めにながれたのでしっかり録画し、
それをさんざんリピった後だったから、新鮮さやワクワク感はやや落ちでした。

だから、このPVは新鮮な気持ちでみれたし、
シンプルだけど、みんないい感じなんですよね~

しばらく、繰り返してみてしまいそう(〃'∇'〃)ゝ

ちなみに、今日は『映画 怪物くん』のDVDも届きました♪

やっぱ、太郎ちゃんは径さんとぜんぜん違うね!
太郎ちゃんのときは、お口が大きく開くので、
下のちょっこんと奥に入った歯が見えて萌え~(*^^*)

ふふ!実は、密かにヤッシーFanでもあります(^▽^;)



Lucky Manのダンスで

2012年06月02日 16:06

それでは、振り返りの続きを...

ライブDVDを購入して、次のDVD購入日から考えると
見終えるまで1ヶ月ぐらいかかったようですね。
当時、休日出勤もしてたからプライベートの時間がほんとに少なかったので、
当然っちゃ当然ですわ(^▽^;)

ライブの様子を見て、嵐ちゃんたちの楽曲をしっかり聴きたいと思いました。
いっきにCDレンタルをすると共に、次に購入したのはこれです。

5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD]5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD]
(2009/10/28)


商品詳細を見る


10年分のPVがおさめられたDVDです。
1曲ごとにメンバー1人または5人で紹介するトークがあり、
このトークでも大野くんってしっかりしゃべるんだ~
ってびっくりしたもんです。
ま、あーばさん以外の他メンに比べたら、
まだまだうだうだですが(^▽^;)
ただ、智くんが一人で紹介ってのが多いのも、サトシックには見所ですね♪

このビデオクリップ集の中で、もっとも衝撃を受け私の心を
がしっっ!!とつかんだのが『Lucky Man』ですぅう(*'▽'*)

『Lucky Man』は、2003年7月発売された3作目のアルバム
『How's it going?』での収録曲。
シングルでもないのに、PVがあるという唯一の楽曲らしいです。
よくコンサートでも歌われるようです。
みんなで盛り上がれる曲ですね!

このPVは、それほどダンスシーンが多いものではありません。
でも、断片にさしこまれたそのダンスシーンで、
私は嵐全体のダンスが揃っているのにも驚きましたが、
智くんの音取りの上手さ、ピッチの正確さに
すっかり魅せられてしまいました。

バレエはラインの美しさを追求するダンスです。
ヒップホップ系のダンサーでカッコいいなって思う人もあるのですが、
このカッコ良さは美しさとはイコールではないんですよね、私にとっては。
バレエはラインが美しく、
さらに音楽の流れとダンスが融合するから好きなんです。

キメ音ではポーズがハマっていて、一瞬カッコ良くみえていても、
音全体の流れからは動きがハマってなくって、
バタバタしたダンスにみえる人がいます。
ま、これでも一瞬がきまるので上手い方だとはいけるのですが...

智くんのダンスは、音に見事にハマっていくんですよね。
しかも、自分の姿が綺麗にみえる位置に、
手足を一瞬で運ぶコントロール力がすばらしい。

このPVのダンスで体幹を注意してみてもらうと分かるのですが、
お腹が抜けたり、ぶれたりしません。
このダンスは本物だな~って思います。

そして、これまた、ソロ個所が多くって、
伸びやかな声にさらに魅せられました。
喉がしまっていないクセのない歌い方、
もともとこのタイプのシンガーも好きなんですよね。
ゴスペル好きな所以ですわ(〃'∇'〃)
さらに、お口元がかわいい時代の笑顔いい~ 
かわええ!かわええ!

このビデオクリップ集では、デビュー曲『A・RA・SHI』から始まります。
だんだん、嵐ってグループがまとまっていく感じがみれるんですよね。

このブログのバレエ記事にも以前書きましたが、
ダンスを習う場合、正しく踊って上手い人がいるところにいくべきです。
その方が、絶対上達が早い。
これと同様に、嵐の全体のダンスが揃っているのは、
大野くんのダンス力のお陰なんだろうなってこのPVを見て感じました。
毎回確実に正確に音をとって踊ってくれる人がいたら、
全体のダンスがそれに引っ張られて揃ってくるものなんですよ~

これは、歌もしかりでしょうね。
多分、デビュー当時のレコーディングの時は、
大野くんの歌が基盤になっているのではと思ったり...

そして、この曲紹介は嵐ちゃん5人でしてます。
(水の上でやったから)すべるからビビりながらで
きったないバック転になったって言う智くん。
また、潤くんが
「さっきこのPVをみたけど、踊りすげー揃ってったよ」って言ったら
「昔はすごかったね...申し訳ない」っていう智くん。
このDVD作成当時も十分踊れているのにこの言葉。
ダンサーとしてのストイックさを感じて、尊敬しますわ~

嵐の歴史がみれるこのPV。今でも定期的に見ちゃいます
ぜひ、2010年以降のPVもまとめたDVD発売して欲しいな。
15周年あたりに(⌒o⌒)b




最近の記事