現在の閲覧者数: Archives[ 2009年11月 ] - ☆☆の横好きDancer 思ったこと、感じたこと、学んだこと♪
FC2ブログ

腕の動きの思い違い

2009年11月29日 17:27

先日のワークショップの2日目の内容は、
肩関節、足首、肋骨だったようです。
私にとっては、肩関節も大きな課題なので、
やっぱ2日目もうけるべきでした!残念です(涙)

で、その後のバレエレッスンで、
2日目のワークの内容も盛り込んで説明がありました。

新たに、大きな思い違いを発見!!
腕をアンオーにするとき、自然な肩関節の動きは、
上腕骨はインに入りながらあがっていくということ!

わかりやすくいうと、
アンバーで外側にむいている肘を外にむいたままアンオーにすると、
それは自然な肩関節の動きではなく、
肩周囲の筋肉に負荷をかけてその位置を保つことになっている。

何も意識せず、腕をあげると、あげた位置の肘の向きは正面を向いている。
これが筋肉に負担をかけず、身体の自然な動き。

私の場合、腕のワークで大きな思い違いがありました。
『バレエの腕は、常に肘は外側!!』ってことです。

たしかにアンバーの場合は肘は外向きです。
でも、アンバーからアンオーになるワークで、
肘の向きを外側のままにすると、
上げていく動作で上腕の筋肉と肩甲骨あたりの筋肉をすごく使い、
また、アンオーになった時に肩が上がって見えるので、
肩を下ろすために、大胸筋と肩甲骨あたりの筋肉を使います。

今週のレッスンでは、肩関節の自然なワークでアンオーにし、
アンオーの位置になってから若干肘を外に向けるっていう動きにすると、
肩甲骨周囲の筋肉が疲労しなかったので、
どうやら私の肩周囲の筋肉疲労は、これが原因だったと気付きました。

ここで、注意が必要ですが、アンオーになった時に、
それほど肘を外に向けなくてもラインが悪く見えないってこと。
もしかして、『バレエの肘は外』って教えられてきたことも、
正しくないのかもしれません。
プロのバレエダンサーでも、アンオーのラインってそれぞれ違うし、
そのダンサーにとって、
バランスがとれていてラインが美しくみえれば結果オーライなのかもしれません。
う~ん、奥が深い!!

今回は、久々の長文です。
続きにおつきあいしてくださる方は、
↓こちらから
[腕の動きの思い違い]の続きを読む
スポンサーサイト



有意義なワークショップでした

2009年11月23日 22:57

以前の記事に書きましたが、
英語で書かれた本まで購入して事前に学習し←ってか、ほとんど写真とイラストを眺めるただけ
とても、とても楽しみにしていたワークショップの報告です。

ダンサーを対象にしたフランクリン・メソッドのワークショップでした。

4時間では多分ほんの1部を教わっただけだと思うのですが、
実に有意義な内容でした。
ダンスの動作をするときに、
筋肉や骨格の動きをイメージするということが中心でした。

また、メンタル的なことも説明されました。
 1)集中すること
 2)ありとあらゆる感覚を使ってダンスの動きを事前にイメージすること
 3)ダンスに情熱をもつこと

上手くなるには、レッスンの回数ではなく、
レッスンの質であるともおっしゃていました。

頭を使って、自分の動きを分析する事が大事だと思いました。
何度もワークして、身体に叩き込むという方法は、ナンセンスかもしれません。

プリエをするにしても、どのタイミングで、
どの骨と筋肉が動いているかイメージしながらするってことを教わりました。
身体の仕組みを知る事が、やはり大事ですね。
しかも、奥が深い!!

私は右脳派なので、
先生の言葉からすぐに映像としてイメージが浮かぶタイプですが、
このようなことが、苦手なタイプの人もあるかもしれませんね。

とにかく、私にはすごくあうメソッドでした。

こんなのを使用してワークします↓

2009112322230000.jpg

ボール2個と3mのThera-Bandです。
購入した本に使い方が載っていました。

ボールとThera-Bandを使用したワークもありました。
どれも、効果がすぐ実感できるものでした。
ワークショップの構成も、よくできたものでした。

日本以外でも世界各地で教えてられるようです。
もし今後東京でワークショップがあれば、ぜったい行きたいと思います。

さる手が、さる手が。。。

2009年11月15日 23:54

さる手が、さる手がとずっと気にしていたら、
肩こりがひどくなって、背中も痛くなっています~

レッスンの際は、ずっと鏡でチェックしていますが、
先生ごとに腕への注意内容が違うので、
やはり自分の腕が一番長く美しく見え、
ムーブメントに支障をきたさない位置を自ら見つけるしかありませんね。

今日の治療では、右腕のみアプローチしてもらいました。
これで上手くいけば左手も同じようにしてもらいます。

また、最近夜のレッスンの時だけ、右ふくらはぎがつりそうになります。
その後、筋肉痛のひどい感じになるので、気になります。
原因は、いまだ???

しばらく様子見ですね~

今年もまた

2009年11月14日 23:29

今年も購入しました。

2009110922560000.jpg

アメリカンバレエシアターのカレンダーです。

大好きなアンヘルが、アリでいました。

2009110922570000.jpg

2010年は創立70周年だそうです。
昔のソリストの写真もありました。そ、モノクロで。

全ページはこんな感じです。

2009110922570001.jpg

1年早いですね~


ふくらはぎメンテ、その後

2009年11月09日 00:54

マッサージチェアが来て、1週間以上たちました。
毎日、1~2クールは使用してます。
で、ふくらはぎの状態はといいますと。。。

Good!です。
毎日使用っていうのがいいのかもしれません。

仕事後、結構むくんでて、さらに冷えているので、
あまりにもひどいときは帰宅後すぐに足コースをして、
ご飯食べて入浴後全身コースをってな具合で活用してます。
レッスン後ももちろんこのコースでほぐしてます。

足の方が調子いいのであまりマッサージに時間を使わなく、
おかげでヨガで習った上半身のほぐしの時間もあって、
寒くなってきているこの時期ですが、
全体的にいいコンディションを保つ事ができています。
マッサージチェア、購入してよかった♪

今週から新しい先生に習っています。
超基礎クラスなので、基本をじっくりできていい感じです。

水曜、土曜はテクニック中心のハードなクラスを受け、
土曜はポアントクラスも。
で、金曜は基礎クラス。。。
結構いい組み合わせかも~

レッスン回数増えたので、疲れをためないようにしないとね。



ヨガのプライベートレッスン

2009年11月02日 22:54

今日はヨガのプライベートレッスンを受けてきました。

先生はバレエの先生です。
プライベートだから、
自分に必要な内容をレッスンメニューにしてもらえます。

今日のメニューは、
胸椎および胸骨の動きアップにつながるものにしてもらいました。

8月末から受けてる筋膜リリースを中心とした治療のお陰で、
胸部の動きがよくなってきましたが、まだまだ十分ではありません。
今日のヨガの動きで、どこが固いからまだ十分動かないのかという、
スポットで原因となっている場所をしぼる事ができました。
あしたは治療の日なので、
その場所にしぼって治療してもらおうと思います~

今日の眼からウロコポイントは、
私の腕は猿手なので、
ヨガのワークによっては腕の使い方が正しくできてなく
ぜんぜん効果を得ていないことがあるということ。
これは、バレエの腕の動きでも言える事で、
腕の動きをするときは、
そのムーブメントでは肘の向きかがどうあるべきかを確認し実施しないと
腕がボディとつながった使い方ができないようです。

アラベスクとかターンのプレパの時は要注意ですわ☆


こんなタイプのタイツ見つけました

2009年11月02日 22:41

できれば素足でバレエシューズもトウシューズも履きたい私です。
でも、冬場で素足でいると足首が冷えてしまいます。

今は仕方なしに足底に穴があるフータータイプを
くるぶしまでまくっていますが、見た目が美しくありません。

で、今日はミルバでこれを購入。

2009110222070000.jpg

これならちょうどいい感じです~


最近の記事