現在の閲覧者数: Archives[ 2009年07月 ] - ☆☆の横好きDancer 思ったこと、感じたこと、学んだこと♪
FC2ブログ

激しいレッスンの後は

2009年07月27日 21:11

激しいレッスンのあとは、
筋肉は少なからずともダメージを受けているので、
修復を早めるためにと、友人に勧められ必ず摂るようにしてます。

2009070519490001.jpg

アミノ酸です。

最近、ダノンビオチャレンジ!もしてまして、
その効果と相乗しているのか、
筋肉量と骨量がアップしてます。
そのため、体重も増えているのですが、
体脂肪は落ちているので気にしないようにしてます(苦笑)

定期的に筋肉をほぐす治療を受けていますが、
思わぬところが悪くびっくりしてます。

下腿をほぐしてもらってから、
ルルベが高くなり、トウシューズでも甲が出やすくなってます。
でも、気になるのは、左足甲の外側の痛み。
特にターンの時に出てきます。
解剖的には第3腓骨筋の終点あたりです。

腓骨筋は、以前怪我した所ですが、
今日の治療で発覚したのは、
左足首ができないんです、かま足と反対の方への動き。
全然気づいてなかった~ヾ(_ _。)
腓骨筋が使えてないようです。
今回の治療では、長腓骨筋に鍼をして、電気を流してもらいました。
そのあと、足首の動きは改善ヽ(*^^*)ノ

あと、右の中殿筋と梨状筋をほぐしてもらいました。
この固さのせいで骨盤のスライドが上手くいっていないと、
大腿骨骨頭が骨盤ソケット内の正しい位置におさまっていないようです。

バレエ始めた時から、
もっとちゃんとメンテナンスをすべきだったと後悔です。
でも今からでも遅くないと思ってます。
1年でも長く踊りたいですしね~

新しく習い始めたバレエの先生からは、
筋肉を固めて使う癖があると指摘されました。
たしかに、そうです。
弱い箇所をかばう気持ちが先行して固めてしまう。

先生の使い方をみてると、するる~って感じでしなやかな動き。
最初に教えてくれた先生が、
固めて使うタイプの先生で、そのイメージがしみついています。
今の先生の使い方を目に焼きつけて、
イメトレしたいと思ってます。


スポンサーサイト



フロアバー

2009年07月26日 23:04

先日、フロアバーのレッスンに行ってきました。

フロアバーは、怪我後のプライベートレッスンで、
バレエの先生から断片的に教えてもらったり、
ビデオを借りてみたりの程度しか経験はなく、
本格的なレッスンは初めてでした。

レッスンの内容は、
私がビデオで観ていた進め方とは全く違いました。

フロアに寝てするのが中心ですが、
コアな腹筋を鍛えることが中心なメニューでした。
あと、生徒一人一人の使い方の悪い所を、
先生がつきっきりで矯正してくれます。
整体効果もあるような内容。

私は、股関節の矯正はあまりされなかたのですが、
レッスン後は腹筋と腕の筋肉痛がひどかったです。

でも、そのお陰で、
昨日のレッスンでは腹筋がすごくよく入って、
グランバットマンの脚もよく上がりました。

機会があればまた受けたいと思ってます。

新しいバレエシューズの履き心地

2009年07月26日 00:13

今日、新しいバレエシューズでレッスンを受けました。

先日、ミルバのバーゲンで購入したシューズです。

先日の記事はこちら

結局、ゴムをつけて履く事にしました。

このシューズは、左右の指定があります。
その特徴のせいかどうかわかりませんが、
足の裏のアーチへのフィット感はかなりのものです。
また、ソールの革部分は、すべりにくいです。
だから、
今回の購入の目的の滑りやすい床への使用ってことに対しては
条件クリアです。

でも、今日のレッスンの床は、
近畿地方の不快指数↑を受けて、全く滑らない状態!
プロムナードやターンの度に、きゅきゅいってました。

今、インのターンが中心のレッスンなので、
踵が送る時の抵抗が大きく、足首の具合が悪くなりそうでした(; ̄ー ̄)
でも、滑らないので、床をとらえやすく、軸がしっかりしました。

アーチにフィットするため、
ポイントがしやすく、甲のラインもきれいです。

フロアレッスンの途中で、
あまりにもターンの時に抵抗が大きいので、
いつものバレエシューズに履き替えましたが、
軸のしっかり感がぜんぜん違うので、
すぐにもとに戻しました。

と言う訳で、
まあ、使えるかな~このバレエシューズ。

鉄は熱いうちに打て!

2009年07月20日 22:29

バレエの発表会を観に行きました。
この発表会は毎年観てます。
だから、毎年の上達の程度がわかります。

ここ数年、観たあと必ず考えさせられるのは、
初心者の時に、
基本的なこと厳しく指導してくれる先生に習うべきだってこと。
例をあげますと、
足先はかならずポイント、パッセは外に張る、
ピケやススーの時は膝はのばす等々。。。
ほんと、基本中の基本なことですよね。
でも、この教室の生徒さん、明らかに年数を重ねている人でも、
この基本ができてません。

去年も同じ、その前の年も同じ、まるっきり改善なし。
これらの基本的な事って、
指導者が毎回のレッスンで厳しく指摘してたら、
きっと治ることですよね。
ここの指導者は、それができていないのでしょうね。
基本的なことができない状況で、トウシューズはほんと危険。
ある意味、毎年どきどきする発表会です(^▽^;)

これから、バレエを始める人もしくは始めたばかりの人にアドバイス。
鉄は熱いうちに打て!!的に、
入門から基本を厳しく指導してくれる先生をさがしましょ~

上記の基本動作は、
レッスンに慣れたらできるようになるっていうたぐいのものではありません。
10年以上の経験者でもできていないのですから。。。。
自分で意識しないとできるようにならない。
そのためには、先生の厳しいチェックは必要です!!

バーゲン

2009年07月18日 21:38

夕方にいってきました。

2009071820520000.jpg

大阪ミルバのバーゲンです。
バーゲンは木曜日からで、しかも夕方だったので、
あまり混んでなかったのですぐお買い物できました。

買ったものは、

2009071820450000.jpg

Ainsliewear(エインズリー)のレオタード。
肌触りがよいので、最近愛用のレオタードは、
ほとんどこのメーカのです。

あと、新しい商品を試しに。

2009071820490000.jpg

しっかり、箱に入ってます。

2009071820500000.jpg

さらに包まれてます。

2009071820500001.jpg

バレエシューズでした。
スタジオの床の条件で、
滑りやすいとことそうでないとこがあるので、
使い分けようと思って、新商品にチャレンジしました。

ウェンディーっていうシューズです。
左右の違いがあります。
スプリット・ソールはターンのときにねじれる感じが苦手で、
敬遠してましたが、これはフィット感がよくって気になりません。
甲のラインがきれいに見えます。

20日は初めてフロアバーのレッスンに行くので、
そのときおろせるように、今からゴム付けです。。。
でも、このバレエシューズ、ゴムなしでも大丈夫らしい。
ないと不安だしな~

ありゃ?なんで?

2009年07月18日 09:31

最近新しくレッスンを受け始めた先生も、
もともと受けてる先生も身体の使い方への研究にはとても熱心です。

特に、もともと受けている先生は、
現在新しいアプローチ方法について、ご自身が指導受けている途中。
で、先生は学んだことをすぐ私たちに展開してくれるのです。

先日のレッスンでは、
まっすぐな軸を作るためのちょっとしたエクササイズと、
アレグロジャンプの時にの不思議な現象を教えてもらいました。

軸を作るためのエクササイズは、
文章では表現できないので、残念ながらお伝えできないのですが、
ジャンプの方は、書いてみますね。
レッスンで可能なら試してみて下さい。

①なにもしない状態でアレグロのジャンプしてみて下さい。
 ジュッテ、ソテとかサンジュマンとかです。
 その時の感覚、覚えててくださいね。
②床に仰向けに寝て、両足の裏をくっつけ股関節を開きます。
③お友達のサポートがあるようなら、
 股関節を開いてできた菱形の空間に
 お友達に立ってもらいます。
 お友達の両脚を開いた股関節を閉じてきて挟みます。
④両手を頭の後ろで組んで、腹筋をしますが、
 上体はあまりあげなくていいです。
 腰椎あたりは床についててOKです。
⑤腹筋をするタイミングで、
 お友達の脚をさらに挟むように股関節を閉じるように力をいれます。
 お友達には閉じてくる両脚を外側に
 押し返すように力をいれてもらいます。
⑥上体をあげる時に鼻で息を吸い
 上体がさがる時には吐きます。
⑦10回ほど腹筋をしたあと、最初にしたアレグロのジャンプを
 試してみてください。

ありゃ?なんで?

って思いませんか?
身体軽く感じるはずです。

でも、残念ながら効果は長続きしません。
身体に覚えさせる必要がありますね。

いつも引き上げが不十分って指摘がある人は、
この腹筋をバーレッスンが始まる前にやると引き上げやすくなるようです。

ただ、注意してほしいのが、
吸いながらの腹筋で引き上がりすぎて、
ジャンプの時のタイミングがずれる人もいるようです。
そんな人は、吐きながらの腹筋をするか、
もしくは、こんな腹筋をしなくても十分ジャンプができる人なので、
しないほうがよいかもです~

あと、一人でする時は、
内腿を締めながら腹筋できるように工夫してくださいね☆

上手く伝わりましたでしょうか?
私もレッスンで、もう一度試してみます。

では、よい連休を♪

甲が出ない原因、ルルベが高くできない原因

2009年07月12日 01:17

前回の治療から早くも2週間経ちました。

その間、土曜のレッスンが2回ありました。
1回目の時に、左足の甲の外側に違和感を感じました。
そのレッスン中は、痛くてルルベもあがりにくく、
踏ん張りも力が入らなくなりましたが、長引くことはありませんでした。
でも、違和感はすっきりしなく、
いつもよりふくらはぎの張りもでてきたようで、
今回の治療では、左のふくらはぎをマッサージしてもらいました。

左の足首は、以前大きな怪我をした箇所であり、
学生時代から何度も捻挫をしている箇所です。

怪我以来、足首周囲にはぼよってした感じが消えませんでしたが、
これは関節の隙間に不要な滲出液が溜まっているとのことで、
ぐぅ~り、ぐり!ってマッサージ。
今までにないほどの痛み!
そして、ふくらはぎのマッサージもすごく痛かった~

私、子供のころ病気で下半身の浮腫があった時期があり、
その影響で浮腫体質なんですよね。
いったん浮腫となった細胞は、その状況を覚えた細胞になるらしいです。
下半身全体の固さはセルライトのせいでもあるようで、

  浮腫+脂肪=セルライト→→固さ

まさしくこのの状況!
子供の頃から、ずっと固かったので
自分ではこのふくらはぎの太さも固さも当たり前になっていましたが、
なんとかしないといけませんわ~
こちらの治療では、セルライトをつぶす効果はないので、
今後はセルライトへのアプローチも必要かなって考えてます。

今回の治療では、左のふくらはぎ~足首のマッサージのみだったので、
現在、左右のふくらはぎでは状態が違います。
だからこそ、治療の効果がよくわかります。

ルルベすごく高くあがれます。甲もいつもより出てる。
しかも、ヒラメ筋の動く感じが初めてわかりました。
まだもみ返しのような痛みはあるのですが、
ふくらはぎはずいぶん柔らかくなりました。
左右で固さが全然違うし、太さも違う。
ルルベの高さも、その時のヒラメ筋の位置も違う。

甲が出ない人、ルルベが低い人!
原因は、筋力の問題だけではないかもしれませんよ~

しかしながら、左右で状態が違うと非常に踊りにくいです。←当たり前
来週は、右脚やってもらいます♪

タニがつくった宙組の雰囲気

2009年07月05日 21:22

今日の外出はここ。

2009070512250000.jpg

西宮ガーデンズです。今日が初めて来たの。

2009070513210000.jpg

もちろん、阪急百貨店もあります。
西日本最大のショッピングモールだとか。
時間まで1時間あったので、ぶらぶらしました。

今日の目的は、大和悠河 ザ・ラストディを観ること。
そう、東京宝塚劇場の千秋楽の模様をライブ中継。
映画館で観るんだけどね。

タニ&うめを含む10名が卒業するこの公演の
千秋楽ならではのアドリブもありました。

私はもともとタカ&はなコンビのファンでした。
でも、その頃の宙組はこんな雰囲気ではなかった。。。
今日、その事に気づきました。

今思えばあのころ、組子の雰囲気は、
タカ&はな対して緊張感があるようでした。
今みたいに、組子がのびのびしてなかったように思います。
その時は、そんなこと気になりませんでした。

でも、タニの時代になって、
宙組公演をリピートしてでも観たくなったのは、
組子の雰囲気のよさのせいだったって、今日の公演で実感しました。

タニを中心に、2番手のまゆとみっちゃんの並び、
いつ観てもほのぼのします。
みんな、ほんとに仲良しなんだ~って感じます。

今日のアドリブも、みんなの仲良しならではのものでした。
で、退団者たちの挨拶の言葉からも、
みんな、宙組への愛がありました。

うめもタニも宙組を愛し、
宝塚を愛しているんだってすごく感じる挨拶でした。

最後の挨拶が終わって、カーテンコールの時にタニがアップになる度に、
後ろで涙ぐんでタニに視線をおくるみっちゃんの表情が切なくて、
こちらの涙を誘いました。

さよならショーでは、七帆くんのソロもあり、
その歌がほんとよくって、ぐっときました。
スターになるべく人だったな~って、あらためて感じました。
ほんと、早い退団は残念でなりません。

帰宅後、CSでトップお披露目公演の『宙・ファンタジスタ』がやってました。
コスモ、コスモ、ファンタジスタ!のとこです。

あのショーで、
私はタニをトップとする宙組がますます大好きになりました。

次回のトップコンビさんは、ちょっと苦手です。
多分、在任中は観ないかも。。。
でも、次にまゆ、みっちゃんの1、2時代には復帰したいです。
それまで、宙組のいい雰囲気、タニがつくった伝統が守られますように。。。

タニ&うめお疲れさまでした。
楽しい舞台ありがとう。二人の事、大好きでした♪

おまけ

芦屋のパン屋さんが入っていたので買ってきました。

2009070519460000.jpg

買ったパンは、これら。

2009070519460001.jpg

ポテトとハムとチーズが入ったフォカッチャ

2009070519470000.jpg

何種類かチーズが入ってるパン

2009070519490000.jpg

青森のリンゴ入り

2009070519460002.jpg

芦屋クリームパンだって。

上2個は夕食にしました~



らすとでぃ

2009年07月05日 09:59

ついに今日は、
大和悠河さん&陽月華さんの卒業の日です。
熱心なファンの方々は、
東京宝塚劇場公演に集結されていることと思います。

タニ&うめの美しい姿の見納めは、
私もある場所でしてきます。

二人には、最後の幕が降りるまで、宝塚生活を満喫してもらいたいです。

トップスターはいつかはやめていく、そして新しいスターができる。
宝塚のいいところですが、
好きなスターさんが卒業するのは、やっぱり寂しいですね。。。

頭でわかっていることが、できないのは

2009年07月05日 01:22

久々の更新となってしまいました。

連日の残業と、治療院での治療の後は数日ぐったりしてしまって、
今週は特に疲れた1週間でした。。。。はぁ~

さて、今日の記事ですが、

子供からはじめたバレエの場合は、
何度も繰り返す時間があり、また何度も繰り返すことで、
その動きに必要な筋肉をつけていき、身体に覚え込ますことができる。
大人の場合は、時間がないから考える事が必要と何度も書いてきました。

でも、同じように先生の指導を受けていて、
ある人はできて、ある人はできないのはなぜでしょうか。
最近、そんなことを考えてます。

大人の場合、それぞれの身体の癖があって、
身体が得意とする部分とそうでない部分があります。
私の得意な事が、
レッスン仲間の得意な事と完全一致することはないと思います。

また、同じ指導の言葉を受けても、
私が先生の言葉からイメージする動きと
レッスン仲間がイメージする動きは違うかもしれません。

例えば、アレグロのジャンプの時、
足の指や足の裏が強い人と弱い人では、
説明にあった床を感じたプリエとか
次のジャンプにつながる着地とか
着地から次のジャンプになるときのプリエとかについて、
もしかしたら、違う感じ方なのかもしれません。

最近、私は長年悪かった腰の治療をしていますが、
悪かった箇所があった時と今とは確実に感覚が違っています。

そこで考えたのが、
もしかしたら先生の言葉から正しい動きについて理解していても、
身体の悪い箇所が影響して、
正しい身体の使い方がイメージできなくなっているのかもってことです。

あ、これって筋力不足状況でも、同じ事がいえるのではない?

悪い箇所は、どこかの時点でリセットしないと、
悪い影響の砂地獄にはまっていきそうで怖いです。

治療にはそれなりのお金がかかるかもしれませんが、
もし、身体の悪い箇所の影響で上達する道を閉ざしているのであれば、
そのレッスン代はもったいないように思います。

反面、筋肉不足については、簡単に解消できるので
自身の努力でなんとかすべきだなって思います。
理想はレッスンすることでの筋力アップですが、
レッスンを増やしても筋力アップしないのであれば、
別のアプローチを考察すべきだと思います。

私の場合、バレエを始めて5年目ぐらいの時は、
ジムでの筋トレも併用していました。
今でもちょっと腹筋が落ちると腰が痛くなるので、
レッスン前に腹筋をするようにして、
レッスンがない日も日常生活のなかで腹筋トレーニングと取り入れています。

身体が固かったときは、毎日ストレッチしていたのに、
ある程度柔らかくなると、レッスンの時しかしなくなってました。
これはいけないな~って最近は反省し、毎日固い箇所を集中的にしてます。

今はメンテナンスの強化期間としてますので、
初心を思い出して継続していきたいと思ってます。

おまけ
今日、コンビニでみつけました。

2009070500120000.jpg

数量限定って言葉に弱いです。
おいしかったので、5本まとめ買いしました☆



最近の記事