現在の閲覧者数: Archives[ 2008年06月 ] - ☆☆の横好きDancer 思ったこと、感じたこと、学んだこと♪
FC2ブログ

ダンスのブログに無関係だけど

2008年06月28日 22:36

ダンスと全然無関係ですが、
最近ハマってるまんがです。

2008062812050000.jpg


猫好きな私です。
初代猫(アビシニアン)を亡くしてから、今は飼っていませんので、
猫の禁断症状が起こります。はは
その症状改善として、
ついつい、猫まんがはチェックしてしまいます。
それと、ペットブログ巡りもね(*^▽^*)

この、子猫のチーちゃんは、ほんとかわいいの♪

思わず、全巻大人買い☆
そして、シールブックも(^^;

スポンサーサイト



タップでもポイントで

2008年06月28日 10:08

秋のタップダンスの発表会にむけて、振り付けが進んでいます。

シアター系タップであるのかどうか分かりませんが、
リズムタップでは、シューズのつま先部分で立つって言うのがあります。
トウシューズで立つのと同じ部分を使います。
でも、タップではバレエのように膝をピンと伸ばすってことはありません。
イメージは、マイケル・ジャクソンがやってる感じ←若者はみたことないか(^^;

今回の振り付けのオープニングで、この振りがあります。
バレエのトウシューズで立つこと思えば、一瞬のことだし、全然簡単なのです。
でも、バレエの感覚じゃどうしても甲を押して立ちたいのですが、
タップシューズは甲を押せる感じではないです。

通常のステップをする時、
私の使ってタップシューズの特性(ビルドアップし、重みを出している)を活かし、
シューズの重みを自然に使って音を鳴らせるように、
靴ひもをルーズ気味に結んで、ゆるゆるに履いています。

でも、この状況だとポイントで立つ時、シューズの中でずるって沈むので、
引き上げできないので、気持ちワル~って思ってました。

最近、下腿の疲労状態を防ぐためにすべてダンスのレッスンの時、
これを履いています。

CW-X 脚用 エキスパートモデル クールマックス カーフ&アンクル HZO502CW-X 脚用 エキスパートモデル クールマックス カーフ&アンクル HZO502
()
不明

商品詳細を見る


ちなみに、男性用、女性用があります。

下腿の疲労を防いだり、怪我予防に効果があるのはもちろんですが、
2次的効果で、甲のあたりがフィット感がアップし、
シューズの中での沈みがなくなりました。

引き上がった状態でタップシューズでもポイントで立てて、
カッコいい感じになりそうです。
もちろん、本番も使ぃ~!!です(⌒o⌒)b


滝のような

2008年06月22日 00:03

確かに、最近の関西地方は、半端なく暑い。
しかも、湿度高く、
蒸し蒸しムシムシむしむし‥‥あぎゃ~って叫びたくなるぐらい←大げさ(^^;

当然、タップにいっても、バレエにいっても、モダンダンスにいっても
どのスタジオも不快指数上昇中。

でもさ、最近、汗の出方がハンパでない!
昨日のタップなんて、ウォーミングアップしただけで、
滝のような汗( ̄▽ ̄;;)
バレエのレッスンは、更に汗かいて、レッスン着がべちょべちょで
帰りのバックの重いこと、重いこと。。。

去年も暑かった。だけど、こんなに汗かいたっけ?

思うに、モダンダンスを始めてから、汗が出易くなったように思う。
先生も、インナーマッスルを使うと汗は出易いと言ってた。
それが、本当なら、モダンでインナーマッスルが増えたってことなん?

だったら、スゴくうれしい!

でも、1つ難点。
CWXのロングスパッツを履いてバレエのレッスンすると、
汗で足に貼付いて、グランバットマンの足が全然上がらない(≧▽≦;)
先週は、フロアの前に慌ててCWXを脱いだよ。
夏場は、履けないな~
                   

曲調でターンを変える

2008年06月21日 23:31

今日のレッスンで、
『そんな当たり前な事、今頃なにゆうてんねん!』って内容ですが、
なるほどって思ったことがありました。

フロアレッスンで、最初はアダージオでターンがありました。
ダンディダンのターンをして、パドブレしてアンディオールのターンです。
そして、次はアレグロでまたターンがありました。
ターンの種類はアダージオ時とまるっきり同じで、
ダンディダンのターンをして、パドブレしてアンディオールのターン。

で、先生からの指導は、
アダージオの時のターンとアレグロの時のターンは、
同じにみえるものではないってこと。

アダージオでの曲調は、もちろんゆっくり優雅な感じ。
だから、ターンへの入り方や首の切り方、ターン終わりも
その曲にあわせて優雅な感じに見える必要がある。

そしてアレグロは、軽快な曲調だから、
ターンでも軽快に力強く見えるようにアクセントをつける。
たとえ、ターンの回数が1回でも、
首をシャープに切ると軽快に見えるっていわれた。

今まで、ターンの成功とターンの回数を増やす事ばかりに気をとられて、
曲調にあわせてターンをするなんて、考えたことなかった。
今頃気付くなんて、情けない話ですが、
ターンが安定してきて、やっと余裕をもてるようになった今だから
こんな事も、意識できるようになったのかもしれませんね。

ジャンプもターンも技を見せることを重視しがちですが、
曲にあってないと、どんなすばらしい技も空回りにみえますものね。
バレエは、舞踊。音楽をつかったパフォーマンンス。
音楽と一体化したいものです。
はぁ~
バレエは奥深いですね(^^;

以前の記事で紹介しましたDVDで、アンヘルが言ってます。
「曲に合わせてターンをするってことを指導された」って。
これは、曲の長さにターンの回数を合わせることかと思っていましたが、
アンヘルが言っている意味は、
曲調にあったターンを表現の1方法としてするっていうことだったのかも。。。

フットアンディーズ

2008年06月19日 21:08

モダンのレッスンは裸足ですが、
ターンの時は、素足では痛くてまわれません。
今までは、ハーフの5本指ソックス(指先オープンタイプ)で
対応していましたが、
それでも、薄いので痛みはあるし、踏ん張りに不安がありました。

他の生徒さんは、ハーフソールサンダソルを履いていたりするのですが、
もっとフィットするのを探していました。

で、発見。即買いです。

2008061918250000.jpg


今日届いたので、レッスンに間に合いました。

ターンが不安なくできて、よかったです。
私の左足は、第2アーチも崩れぎみなので、
これの両側からの締め付け感が、第2アーチをサポートしてくれ、
いい感じです。
5本指が全部使えるようです。
バレエにもつかってみよ♪

こんとらくしょん?!

2008年06月15日 20:58

モダンのクラスでは、
現在、コントラクションに『?』を連発中。

アメリカン・モダンの特徴でしょうか、
至る所にコントラクションが入ります。

【コントラクション=収縮】

ですが、筋肉を固めるのではなく、
ある記事では懐を深くつくることってあったけど、
未だ、自分のやってることが正しく出来てるのか不明( ̄▽ ̄;;)

分かるのは、コアな箇所の腹筋かなり使うなってことだけ。
むむむ(;゚Д゚)?

昨日のレッスンで、5本指を使う事を意識しましたが、
その影響か、今日は左足の足首外側の筋が痛い。
多分、左足の方が外反母趾傾向が強いことから、
足のアーチも低く、足の裏が弱いのだと思う。
正しい位置に持ってくると、
今まで使えてなかった筋肉が固まっているため、
痛みが出るのでしょうね。
以前も同様の状態から、ほぐしていったので、
マッサージをして様子みようと思います。

5本の指を使って

2008年06月14日 22:15

いやいや、久しぶりの書き込みになってしまいました。

今日は朝から、岩手宮城の大地震で大変でしたね。
地震のニュースを聞くと、阪神淡路大震災の記憶がよみがえってきます。
やはり、心のどこかで、トラウマになっているようです。
兵庫県、大阪府在住の方は、同様な方もいらっしゃるのでは。。。
被災者の皆様には、お見舞い申し上げます。
1日も早い復興をお祈りしています。

さて、本題。

モダンダンスのクラスも、頑張って受けています。
その効果が、バレエクラスで実感できるのが、嬉しいです(*^▽^*)
モダンクラスでは、裸足でレッスンを受けます。
レッスン内容には、プリエもあれば、ルルベもあります。

バレエを始めた時には、
ルルベになったとき、5本の指を広げて立つことはできませんでした。
小指側は浮いた状態なので、床をしっかりつかめない。
もともと、外反母趾気味だったので、テーピングで親指を真っすぐにしたり、
5本指ソックスを履いたりといろいろ工夫し、
今では、すっかり5本の指がしっかり使えているつもりでした。

が、モダンのクラスで、裸足でルルベになると、
やはり、5本の指が広がって立てていない事に気付きました。
まだ、少し外反母趾気味なんです。
時々、ルルベが安定しない時があるのは、これが原因かもしれません。
バレエシューズを履いていると気付かないんですよね( ̄▽ ̄;;)
だから最近バレエのレッスンでも、
最初のプリエの時は、確認のために裸足でするようにしてます。

今日のレッスンでも、鏡に映った足の指をチェックして、
親指の開き方に注意しました。
5本の指を開くようにしてルルベをすると、足の裏のつる感じがあるのですが、
そのほうが、ルルベが高くなり、
また、軸足のアンディオールが保てるように思います。
床がしっかりおせて、力強い軸足って感じ。

バレエシューズの選択には、結構気を付けてきましたが、
外反母趾気味になっている様子から、
最近また足に合わなくなってきたようです。
だから、急遽、新しいのを購入しに行きました。

BLOCHのストリームラインです。

2008061422000000.jpg


今履いているのより、縦を長くしてみました。
5本の指が広げやすくなりました。
理想は、裸足に近い状態でルルベができることですからね~♪



嬉しいお言葉

2008年06月01日 19:22

先日のバレエのレッスンの最後に、
先生から嬉しいお言葉を頂きました。

『最近、お腹が強くなってきたね』

やったー!
モダンのレッスンの効果だね、絶対。
バレエの時に効果が感じれるのが一番嬉しい♪

最近、タップのレッスンもなるべく基礎レッスンにいくようにしてます。
タップ始めて1年。
発表会の振りの練習中心になると、
どうしても基礎がおろそかになりがちなので。
って、まぁ、期限切れ間もなくのチケットがあるからだけどね(^^;

夏にむけて、どんどん汗をかいていくぞ~(*^▽^*)



最近の記事